読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起稿

メモ

10.将来

行動には常にリスクが付き纏う

道路を歩けば車に轢かれるかもしれない 

階段を下りれば足を滑らせて頭を打つかもしれない、物を食べれば喉に詰まって息が出来なくなるかもしれない、飛行機に乗れば墜落するかもしれない

人間「かもしれない」という無数の可能性の存在上で生きてるし、リスクフリーな行動などこの世に1つもない

それでも、このリスクというものを出来るだけ避けて生きてきた自信はある

常に安全策を数通り用意し、失敗しても大怪我しないよう、勝つよりも負けない勝負をしてきた

リスクを省みずに行動できる人間を誰よりも尊敬し、蔑んできた

しかし、そんな今までのスタンスを破る瞬間が遂に訪れた

浪人も留年もせず、普通の公立小中高を卒業して、これまた当たり障りの無い大学に進み、進路や素行という面では親に迷惑をかけずに来ていた自分が、一つ大迷惑をかけることにした 動機は「ただ自分がそうしたいから」だけである 今後決心が変わる可能性も否定できないが、周りの人とは違う道に進むことにした

人生1回しかないし今までの戦い方を外れてみるというのも粋であると思う 命綱無しの綱渡りは成功すれば本人の名誉だし失敗すれば本人の自業自得である